作品タイトル「柿霜」
広田 郁世 作

柿は古代からその栄養価から神様が与えた食べ物とも言われます。
正月飾りに幸せをカキ集めるとか、かき=嘉喜に繋げたりして飾ったりもします。
干し柿は毎年私も作りますが、昨年は渋柿を頂く機会がなく(コロナで採集にいけなかった)
年末に90歳の伯父が自分で作ったものを送ってくれました。
伯父の手を思い、吊るされた風景を思いありがたく頂いているのです。

ご購入はこちらから