金井 訓志 Kanai Satoshi
絵画

  • 「作品タイトル はな」
    本作品はオンラインショップからご購入することができます。

金井 訓志
Kanai Satoshi

【略歴】
1951 群馬県に生まれる 
1970 太平洋美術学校で学ぶ(~'79)
1979 第75回 太平洋展(東京都美術館/坂本繁二郎賞)
1980~ 第48回 独立展('86 安田火災奨励賞/'88 奨励賞/'90,'91独立賞/'92第60回記念賞・会員推挙)
1991 第34回 安井賞展(以後'92,'93,'94賞候補,'95,'97 セゾン美術館他)
第15回上毛芸術奨励賞受賞(上毛新聞)
1992 第2回 前田寛治大賞展(日本橋髙島屋・倉吉博物館、以後'95)
第26回 現代美術選抜展(文化庁/以後'95)
1993 〈現代美術への招待〉加藤アキラ・金井訓志展(高崎市美術館)
1995 平成6年度文化庁買上優秀美術作品に選ばれる。
平成6年度文化庁買上優秀美術作品披露展
'95油絵大賞展(東京セントラル美術館/優秀賞)
1997 第3回 美の予感展(日本橋髙島屋他)
第1回 独楽の会(日本橋髙島屋他、以後毎年2001迄)
1999 第1回 継の会(高崎髙島屋、以後毎年)
2000 日本テレビ番組『美の世界〈人のかたち・金井訓志〉』
『絵は風景』(読売新聞日曜版掲載)
第22回日本秀作美術展(日本橋髙島屋他/以後'01)
「現代日本画・洋画新鋭作家展」(日本橋髙島屋他)
2002 文化庁派遣芸術家在外研修員としてイタリアに留学
2003 第1回「EVOLUTION 16」(日本橋髙島屋他、'15まで)
2004 「二人展〈安達博文・金井訓志〉」(ギャラリーしらみず美術/'06, '09, '11)
2007 「独立の8人」(ギャラリーユニコン/川越、以後'08, '09)
「弓の会」(ギャラリーしらみず美術/'08, '10, '12)
「旅」展《異文化との出会い、そして対話》(国立新美術館)
2008 アート・タイペイ2008(台北)
アート・シンガポール2008(シンガポール)
2009 「群馬の美術1941-2009」(群馬県立近代美術館)
KIAF 2009(ソウル/以後'11)
2010 「齋藤研・金井訓志2人展」(ぎゃらりいサムホール)
2011 「3人3様・独立三人展」(富岡市立妙義ふるさと美術館)
2012 文化庁藝術家在外研修員制度40周年記念『旅』展(国立新美術館)
2013 アーツ前橋開館記念展「カゼイロノハナ」(アーツ前橋)
2014 第1回独立とうねり「黄色い舟」(日本橋三越本店/以後’16年迄)
   「夢の軌跡〜群馬の作家59人展〜」(高崎シティギャラリー)
2015 「齋藤研・金井訓志2人展」(ギャラリーユニコン)
2016 「GALLERY TSUBAKI REUNION」(ギャラリー椿)
2017 「前橋の美術」(アーツ前橋/以後’20)
「立の会」(日動画廊)
「文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展」(髙島屋他)
2018 「井田淳一と生徒たち」(富岡市立美術博物館)
2020 「可視2020」(ギャラリー・ノイエス)
「榛嶺の学舎に育った作家たち」(渋川市美術館)


【個 展】 '83(ダーム市立美術館「Huyze Grote Sterre」・ベルギー)/
'89〜毎年(ソルシエール・船橋)/'91(ぎゃらりいセンターポイント・東京)/
'92(西武百貨店・渋谷)/
'94,'96,'99,'02,'04,'06,'08,'10, '12, '14,'16,'18,’20(ギャラリー椿・東京)/
'95,'97,'01,'03,'05, '13(蔵丘洞画廊・京都)/ '97(ハセガワアート・ 名古屋)/
'98(一穂堂・東京)/ '99(紀伊國屋画廊・東京)/
'02,'05,'10,'13,'17,’20(高崎髙島屋)/ '09(CAIS Gallery・ソウル)/
'12(ギャラリーユニコン)/'14(ヤマト・前橋)/ ’17(日本橋髙島屋)他

【所 属】
独立展、EVOLUTION16、黄色い舟、弓の会、groupDNA、継の会、東風の会、可視展、他
収 蔵 文化庁、Le Casino Blankenberghe、高崎市美術館、アーツ前橋、他
現 在 独立美術協会会員、日本美術家連盟会員、齋藤研記念研究会代表理事

新着情報
NEWS