鈴木敬三&すぎうらよしこ ふたり展

2022.09.17

日時:2022年9月17日(土)〜25日(日)
11:00~18:00 (最終日16:00)  初日と最終日は作家が在廊します。
21日(水)休み
後援:北日本新聞社/名古屋造形同窓会

東北の手仕事 籠バッグ展

2022.07.02

日時:2022年7月2日(土)〜12日(火)
11:00~18:00 (最終日17:00)
6日(水)休み
後援:北日本新聞社
 
東北の厳しい風土に耐えた、山ぶどうのツルや沢ぐるみで丁寧に編んだ籠バックは、使うほどに美しく艶やかになります。
また、水や乾燥にも強く、雨や雪に濡れても丈夫です。
親子3 代100 年保つといわれる東北の籠。
一緒に「籠そだて」をしませんか。
ぜひお気軽に、お出かけください。

2022年6月11日(土)〜19日(日) リムルの古代装身具展

2022.05.27

リムルの古代装身具展

 今から約10万年前の古代人が身につけていたジュエリー(貝や骨製)が十数年前に発掘されました。(イスラエル・スクール遺跡、2006年に発見)。          

 「人が身を飾ることの原点」を静かに、そして力強く表現した装身具です。     

 リムルのジュエリーは古代文明(エジプト・メソポタミア・インダス・ローマ)などの遺跡から発掘された玉石(珠)・トンボ玉などにハンドメイドの22K金細工、銀細工を使い、現代の美意識に合うようにリファインして、新たによみがえったジュエリーです。

 ジュエリーの小さな玉の一つ一つがさまざまな文明や民族の興亡(歴史)、社会経済(交易)、芸術文化(アート)を豊かに語りかけてくれます。  

 リムルによって新たな息吹をふきかけられた、ロマンあふれるジュエリーたち............。

やさしい魔法の世界が見えてくることでしょう。         

 *リムル・limul(古代シュメール語で夜空に輝く満天の星の意)

 

日時:2022年6月11日(土)〜19日(日)

11:00~18:00 (最終日17:00)

15日(水)休み

作家在廊日 11・12日

 

◎ギャラリートークのご案内
6月11日・12日、14:00〜(30分程)
歴史や出品作品にまつわるお話は何度聴いても興味深いものです。 ぜひお気軽にお越し下さいますよう お待ち申し上げます。

関野義久 春のbag展 開催

2022.04.23

22関野DM写真面_sns.jpg

関野義久 春のbag展

2022年4月23日 (土)〜4月30日 (日) 
11:00〜18:00(最終日17:00)
4月27日 (水)  休み
作家在廊日 23日〜26日

後援:北日本新聞社
 
軽くて小降りなバッグを下げて、春の陽射しの中へ・・・身も心も軽くお出かけしましよう。
シンプルモダンで美しいフォルムのbagは男女問わず好評を頂いています。革も薄くして縫製もその為にチェーンアップしました。
フルオーダーの場合、展示されているbagやコレクションアルバムなどをご覧になり、入れたい分量や好みの服装などを伺い、拘りの一点物をお作りさせて頂いています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。
また、これ迄ご購入頂いたbagをお持ちいただければ、お手入れをさせて頂きます。

広田郁世展 たりない風景をさがして 開催

2022.03.19

2022-03-19.jpg

2022年3月19日 (土)〜3月27日 (日)  11:00〜18:00
3月27日 (日)  11:00〜17:00
3月23日 (水)  お休み

塚本美華 兆ーきざしー 開催

2022.01.08

アートボード 1-80.jpg

2022年1月8日 (土)〜1月15日 (土)  11:00〜18:00
1月16日 (日)  11:00〜17:00
1月12日 (水)  お休み

後援:北日本新聞社
 
1月8日(土) pm13:30-14:00
書道パフォーマンス with ヤマダベン(パーカッション)
 
小学生の頃、お習字を習いはじめました。
なぜかこの事だけは、辞める気にならず、ずっと続けてきました。
新しい時代がはじまっている気がしています。私も今、あらためて、私らしく、書の道を進みたいと強く感じています。過去、現在、未来のすべての縁に感謝を込めて!

『左ききのエレン展ー新月の誕生ー』IN TOYAMA 開催

2021.12.11

エレン展横長広報.jpg

2021年12月11日 (土) 11:00〜18:00
2021年12月12日 (日) 11:00〜17:00
 
11日(土)14:00〜15:00
かっぴー先生、nifuni先生のサイン会
※会場で「サイン会チケット付きスケッチブック」を購入された方が参加対象となります。
※「サイン会チケット付きスケッチブック」は先着順の販売となります。ご了承ください。
 
『左ききのエレン』とは
大手広告代理店を舞台にしたクリエイター群像劇。2016年3月から「cakes」で連載をスタートし、2017年10月からはリメイク版が「少年ジャンプ+」にて連載中。その他、実写ドラマ化や舞台化など、多岐にわたるメディアで展開され、人気を博している。
 
本展では、作中で主人公エレンが着用するコート「AK5新月」の展示販売を行います。
さらにスピンオフマンガ「新月の誕生」を会場に公開し、オリジナルグッズの販売を行います。

新たなる展望 vol. VI 開催

2021.11.13

2021-11-13.jpg

富山ゆかりの作家企画
真摯に活動を続ける7作家の新作をご紹介します。
県内ではコロナ感染の勢いが弱まり、展覧会が開催され始めました。
今、創造し発信する機会をとても大切に感じています。
富山を描く作品も各一点出品します。
作家の皆さんもご来場を楽しみにお待ちしています。
 
【出品作家】
安達 博文  清河 恵美  芝  教純
能島 芳史  広田 郁世  藤井  武
米田 昌功  (敬称略)

リムルの古代装身具展 開催

2021.10.22

2021-10-22.jpg

古くから宇宙・自然・人との繋がりを祈って作られた装身具。
歴史を刻むbeadsや繊細な金細工が響きあい、からだとこころをやさしく包み込みます。
ぜひご高覧下さい。

「gangaの大地」真木テキスタイルスタジオ展 開催

2021.10.01

211001.jpg
gangamaki工房の敷地や近隣には草木染めや織物の素材が目を凝らせば沢山あります。街路樹のガジュマルやマリーゴールド、工房内には育てている豊富なインド藍、夜香木の花、すくすく育った芭蕉は糸や紙漉きの材料として。繭も必要な量を分けていただき紡いで糸のゆらぎが美しいストールに。最近はお蚕さんも少しだけ育ててみたり...尽きない素材や恵を目一杯いただきその想いを映しながら布作りする日々。
 
絹×麻の茜色の衣「mist mix」、ウール×シルク秋格子のチュニックやパンツ、ふっくらヒマラヤウールでプルオーバー、 インド藍で重ね染めした緑色に、マリーゴールドや夜香木の黄色の濃淡でかけ布に。
秋衣とストールをたっぷり取り揃前えます。

新着情報
NEWS