加藤 則子 Kato Noriko
絵画

  • 「作品タイトル トビラ」
    本作品はオンラインショップからご購入することができます。

加藤 則子
Kato Noriko

【略歴】
柿渋紙を使ったコラージュや抽象絵画を制作しています。
朽ちていくものの美しさやそこから芽生えるもの、「在る」という心象風景を
表現したいと思っています。

‘95年~’05 柿渋で染めた紙を使った住宅内壁面や引き戸などのデザイン
‘98年~  武蔵美OBグループ展出品
’99年~’01 今立ARTCAMP公募展出品
‘05年   2人展「 掌の小品展 」立山町永曽邸にて
‘07年   小品展「 青と柿渋の表情 」自宅にて
‘07年   3人展「 時・命・光 」井波町寺社にて
’09年   小品展「 ’ 86 - ‘ 09 柿渋紙 」小矢部らうべにて
13年   高岡市金屋町、射水市内川六角堂茶会、他にて展示
16年   「明日を拓く作家展(抽象の7人展)」県民会館ギャラリーにて
18年   グループ展アートスペースカワモトにて
20年   富山信用金庫とみしん立山町作家展
20年    〃 シーズナリーギャラリー10月〜12月


◆立山町吉峰野開 在住
富山クリエイティブ専門学校 / 金沢科学技術専門学校 / 富山職藝学院 非常勤講師
とやまの木で家をつくる会 
裏千家茶道「お茶ごっこ」主宰


新着情報
NEWS