水上 泰財 Mizukami Taizai
油絵絵画

水上 泰財
Mizukami Taizai

【略歴】】
1962年 富山県富山市に生まれる
1985年 武蔵野美術大学油絵学科卒業
1987年 武蔵野美術大学大学院造形研究科油絵コース修了
1988年 紀伊國屋画廊でのはじめての個展より、ほぼ毎年個展を中心に発表を続ける
1997年 武蔵野美術大学油絵学科専任講師
2005年 武蔵野美術大学在外研究員として1年間ウィーン(オーストリア)に滞在
2007年 武蔵野美術大学油絵学科教授

【受賞歴】
1992年 日伯現代美術展最優秀賞
1995年 日本海美術展大賞

1.現在の仕事に惹かれたきっかけ(エピソード)
話せば長くなるので、私の随想集「ずっと人間描かれ」を読んでいただければ詳らかに書いてあります。

2.作品や、ご自身の暮らしで大切にしていること
このコロナの状況下では愛犬との散歩を何より大切に感じています。河原の美しい風景に感心したり、小山を駆け上って空気の綺麗さに安心したりと、愛犬は13歳の老犬で多分私より年上なのだと思いますが、まだまだ元気で、いつか近いうちにいなくなるのかと思うと泣けてきたりします。

3.作品への想い・こだわり
これも私の随想集に詳らかなので読んでいただければ幸いに思います。

4.今後に向けてやりたいこと
意外にも文章を書くことで、そこに載せるイラストがすらすら描けたので、また何か文章を書きながら絵を展開できないものかと考えています。

新着情報
NEWS