吉野 香岳 Yoshino Kougaku
陶芸

  • 「作品タイトル マグカップ(1)」
    本作品はオンラインショップからご購入することができます。

  • 「作品タイトル マグカップ(2)」
    本作品はオンラインショップからご購入することができます。

  • 「作品タイトル マグカップ(3)」
    本作品はオンラインショップからご購入することができます。

  • 「作品タイトル 陶板「無題」(黒)」
    本作品はオンラインショップからご購入することができます。

  • 「作品タイトル 陶板「無題」(白)」
    本作品はオンラインショップからご購入することができます。

吉野 香岳
Yoshino Kougaku

【略歴】
1970年(昭和45年) 富山県中新川郡立山町に生まれる

1992年(平成4年) 京都精華大学造形学科陶芸部卒業

1993年 ( 〃 5年) 滋賀県立 信楽「陶芸の森」 研修生

1994年 ( 〃 6年) 京都市工業窯業試験場研修生

1995年( 〃 7年) 富山県に戻り家業を手伝う

1997年( 〃 8年) 以後 個展数回、県展入選 数回

2010年( 〃 22年) 三代香岳 襲名

2019年(令和元年) 富山県伝統工芸の匠 認定


<個展開催一覧> 1997年 ろうきん DAY・I・KAN
2002年 北日本新聞社本社ギャラリー
2006年 山の家「孫子」
2011年 富山県護国神社「華山亭」  
2012年 東京 芳香堂 
2013年 石川小松 西田七福園
2014年〜富山大和 コミュニティースペース 
2017年〜香林坊大和 ギャラリーkohrin
八尾 「坂のまちアート」数回参加

越中瀬戸焼「かなくれ会」企画展 多数
富山大和 アートサロン
新宿 柿傳ギャラリー
名古屋栄三越 美術サロン
台湾 高島屋


1.現在の仕事に惹かれたきっかけ(エピソード)
 幼少の頃から焼物を作る環境で育ち、手で形が作られ使える物になると言う面白さは感じていました。木(薪)が燃える匂いは好きでした。

2.作品や、ご自身の暮らしで大切にしていること
 冬の制作が好きです。静かな環境でマイペースに仕事ができるからです。

3.作品への想い・こだわり
 焼物は生活の中に溶け込んだものだと思います。自分の作品が日々の暮らしに彩りを添えられるといいなと思い制作しています。

4.今後に向けてやりたいこと
 次々と発想が湧いてくるタイプではありませんので、焼物に拘らず色々な物を見るようにしています。

新着情報
NEWS