増井 敏雅 Masui Toshimasa
ガラス造形

  • 「作品タイトル 古木再生花(2)」
    展覧会開催中、本作品はオンラインショップからご購入することができます。

  • 「作品タイトル 古木再生花(1)」
    展覧会開催中、本作品はオンラインショップからご購入することができます。

  • 「作品タイトル 雅玉虫窯変白花」
    展覧会開催中、本作品はオンラインショップからご購入することができます。

  • 「作品タイトル 夢花」
    展覧会開催中、本作品はオンラインショップからご購入することができます。

増井 敏雅
Masui Toshimasa

【略歴】
大阪府出身
1987/ 独学でとんぼ玉制作を始める
1991/ 故・飯降喜三雄氏に師事  
      世界遺産 薬師寺 玄奘三蔵院  とんぼ玉奉納  
1992/ 長野県ツインパーク21ガラス館・制作実演
1994/ 大阪リーガロイヤルホテル エコールドロイヤル ガラス工芸教室講師
1995/ 佐竹ガラス・ 流工房とんぼ玉教室講師
      とんぼ玉フォーラムパネリスト
1996/ 世界遺産 薬師寺大講堂 とんぼ玉奉納
1998/ とんぼ玉フォーラムⅡデモンストレーション
      「Glass Art Society In JAPAN Seto」 デモンストレーション
      国際グラスビーズ展出品      
2001/ 近鉄文化サロン・ガラス工芸教室講師
2003/ 桜井市グリーンパーク・ガラス工芸教室講師
2004/ とんぼ玉フォーラム「とんぼ玉コンクール」審査員
2007/ ISGB  USA,Kansas City カンザスシティ デモンストレーション
2008/ 大阪市立クラフトパーク バーナーワーク非常勤講師 (再任)
2017/ 世界遺産 薬師寺食堂 とんぼ玉奉納

1993/  東京グラスギャラリーカラニス・大阪ギルドギャラリー・大槻庵・アートスペースカワモトetc 各地で個展
銀座松屋クラフトハウス・大阪ギャラリーエノモト・etc 各地でグループ展多数。
各地でデモンストレーション、ワークショップ等
  
【本掲載】 「世界のとんぼ玉」「とんぼ玉に遊ぶ」「CreAtoro04 とんぼ玉」「LAMMAGA(ランマガ)」等
       自宅にてバーナーワーク教室 ・お問い合わせ先メールアドレス angel.rastypal@ares.eonet.ne.jp


1.現在の仕事に惹かれたきっかけ(エピソード)
30年以上前に諸国民芸雑貨展で、はじめて「これはとんぼ玉というものです」
と見せられた玉を見て、「こんな模様がどうしてガラスでできているのか」と
思ったのがきっかけでした。
当時はまだ日本でもとんぼ玉を作られている方はほんの数名でした。
今のようにパソコンが無い時代でしたので、何もかも自分で考え、
行動して探し出すしか方法はありませんでした。
今でも大切にしていますが、当時の小さなとんぼ玉の本が
自分の教科書でした。


2.作品や、ご自身の暮らしで大切にしていること
日々の暮らしの中で、何気ない風景、空、雲、星、木々、花、光、風、等々、
自然と自分が心地良いなと思えるものに心を向けています。
そういった何気ない日々の積も重ねが、自分の色や形になって現れるような気がします。


3.作品への想い・こだわり
作品は自分自身です。
その時々によって全く違った雰囲気の作品に仕上がる事もあります。
自分はそれでいいと思っています。
あえて題名を付けない作品があります。
主張が無いのではなく、先入観を与えるのではなく
手に取っていただいた方がその作品を
どう感じ取られるか、その人の心で作品と接しながら
大切な時間をゆっくり自由に楽しんで頂きたいからです。


4.今後に向けてやりたいこと
今までとんぼ玉を作り続けてきた経験や技術、感覚から
出来るだけ無駄な事を削ぎ落とし、美しい良い作品を作れるように、
まだまだ色んな事を追及していきたいです。
良い和玉を作りたいです。

新着情報
NEWS